キャッシュレスライフ

キャッシュレス決済のメリット、デメリット!【使い手視点で送る】

近年勢いを増している「キャッシュレス決済」業界。

テレビ等でも連日多数取り上げられ、「キャッシュレス後進国」とまで言われている日本国内にもやっとキャッシュレスの風が吹いてきたような気がします。

そんな今日この頃ですがこの記事を読んでいるあなたは下のような疑問を抱えているのではないでしょうか。

「キャッシュレス使ってみようかな」

「でも実際のところ何がお得なのかがわからない」

「キャッシュレスを使うことによっておこるメリットデメリットって何なのかな?」

このような疑問を解決していきます。

この記事の内容▼

①キャッシュレス決済のメリット

②キャッシュレス決済のデメリット

↑上2つを解説したうえで、

③どのように利用すれば一番いいのかを解説

キャッシュレス決済のメリット

キャッシュレス決済を使用するにあたってのメリットは主に下の3つ。

①支払いがスピーディーに

②キャッシュバック制度でお得に買い物

③消費税増税前より安く買い物できる

一つ一つ解説していきます。

①支払いがスピーディーに

まず第一に、キャッシュレス決済は支払いスピードが現金支払いと比べて圧倒的に早いです。

一般的に現金で支払う場合というのは以下の手順を踏むと思います。

①バッグから財布を取り出す

②財布から現金を取り出し支払う

③お釣りを財布にしまう

④財布をバッグにしまう

皆さんは既にこれが当たり前になっているので大した不便は感じていないかもしれませんが、キャッシュレス決済だと上の一連の作業が以下のような形に短縮されます。

①スマホ等でQRコードを表示

②支払い終了

現金になれている日本では支払いの際にキャッシュレス決済よりも時間がかかるので行列ができ様々な問題が発生しますが、すでにキャッシュレス決済が国民に深く浸透している中国では支払いが2~3秒で終わるため、支払い時の様々な課題がすでに解決されています。

②キャッシュバック制度でお得にお買い物

次に、キャッシュバック制度のおかげでお得にお買い物ができます。

大体のキャッシュレス決済サービスでは決済時に「〇%還元」といったような仕組みが取り入れられており、通常よりも数%安く買い物ができます。

たった一回の買い物ではあまり差は生まれないかもしれませんが、日常的にキャッシュレス決済を使用する人と、使用しない人では一か月単位、一年単位で見たらかなりの差が生まれます。

キャッシュバック制度が特に優秀とされているサービスは国内でも特に有名なキャッシュレス決済サービス「PayPay」ですが、その還元率は約3%。

(キャンペーン時などは更に変わってきます)

社会人が毎月自由に使えるお金の平均額は「約4万」。

40000×3%=1200円。

実際には色々な要素を組み合わせることで還元率が上がったり下がったりするので正確にはわかりませんが、平均して「毎月1200円」もお得になっているわけですね。

③消費税増税前よりも安く買い物できる

2019年10月1日からついに消費税が8%から10%に引き上げられました。

これによってSNSでは「消費税高すぎ!」という声が多く上がっていますが実は、「キャッシュレス決済を使えば増税前よりも安く買える」というのをご存知でしょうか。

今回の消費税増税は今までの増税と違う特別なことが2つありました。

①「軽減税率」という消費税が8%のままの商品がある

②キャッシュレスで支払うと3%か5%の還元

簡単に説明すると、いきなり全部10%にあげてしまうとまた経済が悪化してしまうので一部の商品は「消費税8%」のままにする、というのが軽減税率。

そしてキャッシュレスで支払うと3%か5%の還元をする。

この2つが行われた理由は増税後に経済が悪化しすぎないようにするためです。

この2つのシステムのおかげでキャッシュレスで支払うと「増税後のほうが安い」という超お得な特典を得られるわけですね。

 

以上、3つの「キャッシュレスを使うメリット」でしたがいかがだったでしょうか。

キャッシュレス決済を使うメリットを理解していただいたところで次に「キャッシュレス決済のデメリット」について書いていきたいと思います。

キャッシュレス決済のデメリット

続いてキャッシュレス決済のデメリットです。

①携帯の充電が切れたら使用できない

②現金じゃないので使いすぎやすい

③利用可能店舗じゃない場合は使用できない

一つ一つ説明していきます。

①携帯の充電が切れたら使用できない

キャッシュレス決済はほとんどの場合、携帯電話を使って使用します。

そのため、携帯電話の充電が切れた場合は使用することができません。

当たり前といえば当たり前なのですが、普段現金を持ち歩かずにキャッシュレス決済で生活している人はこれが一番怖いですね。

主な対策としては以下の通り。

①最低限一日は過ごせるレベルの現金は持っておく

②モバイルバッテリーを一つ鞄に入れておく

この2つをやっておけばほぼ確実にこの問題には対処できるのかなと思います。

②現金じゃないので使いすぎやすい

キャッシュレス決済では決済時にQRコードを出してスキャンするだけ、といったようにかなり気軽に決済ができます。

そのため、お金を使っている(減っている)という自覚が現金決済よりも薄いため少々使いすぎてしまう傾向にあります。

この問題の対処法としては、

①前払い方式(プリペイド)を使用する

②即時払い方式(リアルタイムペイメント)を使用する

という方法で解決できます。

③利用可能店舗じゃない場合は使用できない

日本はキャッシュレス決済がまだまだ後進国、というのもありキャッシュレス決済に対応していない店ももちろんあります。

そういったお店では対応していないので携帯の充電があろうとなかろうとキャッシュレス決済は使用できません。

ですが、僕自身これは大した問題だとは思っておらず、理由は以下の通り。

①現金をある程度持っておけばそれで払えばいいだけのこと

②日常的に使うコンビニ、スーパー程度ならほとんどがキャッシュレス対応

つまりは、「不便だと思えば不便」だけどちょっとだけ対策しておけば特別困ることはないというわけです。

どのように利用していくのが一番いいのか

キャッシュレス決済を使用する際のメリットデメリットを踏まえたうえで、抑えておきたいポイントを挙げると以下の通り。

・現金を使うよりもキャッシュレス決済を使ったほうがお得

・しかし携帯の充電が切れたら使えない

・キャッシュレス対応店舗じゃないと使えない

ここからはこれを踏まえると以下のようにキャッシュレス決済サービスを利用するのが一番お得にキャッシュレス決済を利用できます。

①複数の決済サービスに登録

②現金を1000円から2000円ほど所持

③モバイルバッテリーを1つ所持

一つ一つ解説していきます。

①複数の決済サービスに登録

まず最初のステップとして複数の決済サービスに登録しましょう。

日本国内で王道なキャッシュレス決済サービスといえば

・PayPay

・LINEPay

・RPay

・OrigamiPay

etc…

などなどいろいろとありますがそれぞれ対応店舗、還元率、チャージ方法など少しずつ違ってきます。

あなたの生活スタイルに一番合っているサービスを「メインカード」として使い、メインカードではカバーしきれない部分をその他の「サブカード」で埋めていくわけですね。

そうすることであなたがキャッシュレス決済で支払える対応店舗が増えていき、結果的に一日の支払いを全てキャッシュレスで支払えるようになります。

②現金を1000円から2000円まで所持

コンビニやスーパー、薬局などの割と大きめのお店はほとんどがすでにキャッシュレス決済に対応してきているので問題ないのですが、まだまだ対応できていないような個人商店も一定数存在します。

そういった店で買い物するときとかに支払えない、なんてことにならないように少額でもいいので現金を少し持っておくと安心でしょう。

現金を所持する際の額で「1000円~2000円」と表記しましたが、これより多くても少なくてもいいです。

大事なデートの日にキャッシュレス決済が対応してなくて、現金で支払わないといけない…。

といったような状況になった時になんとか現金で支払えるくらいの額、が理想的なのではないかなと思います。

③モバイルバッテリーを1つ所持

僕が個人的にキャッシュレス決済の一番のデメリットだと考えている、「充電が切れたら使用できない」を解決するための方法です。

モバイルバッテリーを一つ鞄に入れておきましょう。

最近の携帯は数年前の携帯と違い、充電の持ちがいいので一日中出歩いていた、とか外でずっとスマホゲームをしていた、等のことが無い限り充電が切れることはないと思いますが、保険のためにモバイルバッテリーを持っておく、といった認識で構いません。

最近ではモバイルバッテリーの種類も増えており、

・小さいもの

・とにかく充電ができるもの

などなどたくさんの使用用途に合わせたものが日々開発、販売されているため「大きすぎて荷物になる…」等の悩みも解決しやすくなっています。

まとめ

この記事の内容をまとめていきます。

キャッシュレス決済のメリット▼

①支払いがスピーディー

②キャッシュバック制度でお得にお買い物

③消費税増税前よりも安く買い物ができる

キャッシュレス決済のデメリット▼

①形態の充電が切れたら使用できない

②現金じゃないので使いすぎやすい

③利用可能店舗じゃない場合は使用できない

どのように利用していけばいいか▼

①複数の決済サービスに登録

②現金を1000円から2000円まで所持

③モバイルバッテリーを1つ所持

以上、「キャッシュレス決済のメリット・デメリット」とそれを踏まえたおすすめの利用方法でした。

あなたのキャッシュレスライフが今まで以上に豊かになることを祈っています。

キャッシュレス決済とは?【仕組み、特徴、種類、利点、を徹底解説】世界各国で「キャッシュレス化」が進んでいくなか、日本もキャッシュレス化を進めていますね。 詳しくは2018年5月に政府が発表した「...