キャッシュレスライフ

キャッシュレス決済は災害時に弱い?対策などを含め解説!

国内ではキャッシュレス決済の普及へ力を入れる運動が活発に見られていたり、2018年には国からキャッシュレスビジョンというキャッシュレスを今後どのように推進していくかを書いた文書が出たりしています。

QRコード決済がどんどん流行していくにつれ、PayPayやLINEpay、楽天ペイなど大手企業が次々と参入していっています。

他にもクレジットカードやデビットカード等、現金を使用しない支払いシステムの発展は今後もますます拡大していくことでしょう。

その中で危惧されているのが、「災害時」です。

日本は災害大国と言われるほど自信や台風が多い国なので、かなりの頻度で被災します。

そんな時に電子決済が使えなくなるというのはキャッシュレスユーザーからしたらかなり不安なことですよね。

そんなわけでキャッシュレス決済ユーザーが災害時に備えてどうすればいいのか?という視点で記事を書いていきます。

キャッシュレスユーザーの災害時への備え

災害時はキャッシュレスユーザーが「買い物難民」に。

災害時にキャッシュレスが弱い、とされている理由は、

「全く使えなくなる」からです。

災害時、停電等に陥ってしまうとキャッシュレスを読み取って決済を行う機器が使用できなくなってしまうため、結果的にキャッシュレス決済ユーザーは支払いができなくなってしまうわけですね。

普段から現金とキャッシュレス決済を使い分けている人なら現金で支払えばいいだけなので全然問題はないのですが、キャッシュレスで支払うとポイント還元等があり、お得に買い物ができるなどの理由から全ての会計をキャッシュレスで行っている人は大問題です。

日々、電子決済のみで現金を持ち歩かないという人は、

クレジットカードも電子マネーも持っているのに買い物ができない!

という状態になってしまいます。

これが俗にいう「買い物難民」というものです。

このようなことから、被災に遭い、現金を持たない生活をしていた人が買い物難民になり苦しい経験をしたことから日本人の間で、

・キャッシュレス手段を持っていても店舗が

 電源喪失していては意味を成さない。

・キャッシュレスだけ持って現金を持たないのは

 地震大国の日本ではもったいない

・日本は災害が多いからキャッシュレスは広まらない

のような考えが広まっているわけですね。

 

ちなみに最後の、

「日本は災害が多いからキャッシュレスは広まらない」

という意見に関してですが、僕個人としてはこれだけ世間で騒いでいてかつ、どんどんお得に使いやすく始めやすくなっているわけなのである程度は広まっていくと考えています。

 

災害時は完全にキャッシュレスは使用できないの?

ここまで読んで、

「災害時はもうキャッシュレスは使えないの?」

「これから使えるようになる見込みは?」

と思った人もいるかもしれませんが、現時点でいうと災害時には電源を復旧することは店舗ごとの工夫等で出来たとしても、キャッシュレス決済のシステムを使えるように保つのは無理だと言われています。

これから色々と技術が進歩して使用することができるようになるかもしれませんが、それも何年後になるかわからない、といった感じです。

なので、現時点では災害時はほぼ確実にキャッシュレス決済は使用できないと考えていた方がいいでしょう。

 

防災用貯金の目安

そんなわけで、キャッシュレス決済オンリーで生活していると災害時に買い物難民として困るよ!ということがわかったことで、災害時に備えてどれくらいの額の現金を貯金しておいたほうがいいのでしょうか。

ここでは、

◆常に持っておくべき現金

◆災害時用に貯金しておくべき現金

の2つの視点からどれくらいの現金を用意しておくべきかを解説します。

常に持っておくべき現金

まず常に持っておくべき現金ですが、以下の点を意識して持っておきましょう。

◆職場(学校)から家までの交通費一往復分

◆一日飲食できるくらいの食費

この場合の交通費では電車の値段での計算ではなく、タクシーで計算しましょう。

イメージでいうと、

「どこにいてもなんとか自宅まで帰れるくらい」

の現金を用意しておく感じです。

災害時用に貯金しておくべき現金

災害時用の貯金でいうと、以下が基準です。

◆家族全員が3、4日過ごせる金額

◆紙幣だけじゃなく小銭も用意

避難所生活が始まってもしっかりと家族で過ごしていける、というのを考えて用意しましょう。

長い避難所生活になるかもしれないので用意しておくべき現金は多ければ多いほどイイと思います。

 

補足▼キャッシュアウトって?

近年ではキャッシュアウト、という災害時に救済するための新しいシステムが誕生しています。

主な仕組みは以下の通り。

キャッシュアウトって?▼

◆実店舗でレジから現金を引き出せる

◆デビットカードを出す

◆暗証番号を入力

➡完了!

他のキャッシュレスサービスが使用できない

のに対して、キャッシュアウトは

携帯端末とレジ側の電源さえ確保をできれば

使用することができる。

今後、このようなサービスが普及していくことで災害時のキャッシュレスライフがまた変わってくるのかもしれませんね。

 

まとめ

参考になったでしょうか!

以上の内容を踏まえて、日常的にキャッシュレス決済を使用している方は是非災害時に備えて準備をしてください!

キャッシュレスライフに関するほかの記事▼

「キャッシュレス生活」何が変わる?現金決済で暮らす生活からの変化キャッシュレス決済を政府が積極的に進めていく中、いまだにキャッシュレス決済を使ったことが無いという人は、 といった疑問を抱...
キャッシュレス決済とは?【仕組み、特徴、種類、利点、を徹底解説】世界各国で「キャッシュレス化」が進んでいくなか、日本もキャッシュレス化を進めていますね。 詳しくは2018年5月に政府が発表した「...
キャッシュレス・ビジョンとは?国が推し進める理由と具体的な内容!国が推し進めているキャッシュレス・ビジョン。一体どんな施術なのか?キャッシュレスに対する政府の見解やこれから日本がどういう方向へ進んでいくのかを簡単に解説していきます。...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です