キャッシュレスライフ

キャッシュレス決済とは?【仕組み、特徴、種類、利点、を徹底解説】

世界各国で「キャッシュレス化」が進んでいくなか、日本もキャッシュレス化を進めていますね。

詳しくは2018年5月に政府が発表した「キャッシュレス・ビジョン」というもののことなのですが、キャッシュレス・ビジョンによると、2025年までに日本国内のキャッシュレス決済の割合を40%まで引き上げるのを目標に今後政治がおこなわれていくようです。

そんな流れの中でテレビなどのメディアでも「キャッシュレス」という言葉を聞く機会が増えてきました。

その流れで、

「そろそろ自分もキャッシュレスを使ってみようかな」

「でも実際どういったものなのか理解できないな」

といったように考える人が増えてきています。

あなたもその中の一人なのではないでしょうか?

 

そこで今日は、

1、キャッシュレス決済とは

2、キャッシュレス決済の種類

3、日本がキャッシュレス化において遅れている理由

4、キャッシュレス決済の利点

といった、「キャッシュレス決済に関する基礎的な知識」である、4項目について記事にしていきます。

この記事を読み終わるころにはキャッシュレス決済の大枠は理解できるようになるよう、分かりやすく書くので是非最後までお読みください。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済を簡単に一言で説明するとズバリ、

「現金以外の通貨で支払うこと」

です。

と言われても、いまいち実感がわかないかもしれませんが、身近に潜んでいるキャッシュレス決済の例を挙げて説明します。

▼身近に潜むキャッシュレス決済の例

・クレジットカード

・Suica等のICカード

・Googleplayカード系のプリペイドカード

・QRコード型のサービス(PayPay等)

これら全てをキャッシュレス決済と呼びます。

これを見て、

「あれ?この決済方法ならずいぶん前からあったような…」

「なんで今更キャッシュレス化がこんなに騒がれてるんだろう?」

と思った人は結構いるのではないでしょうか。

 

なぜ近年になってキャッシュレス化が大きく進むようになったのかというと、「使いやすさ」が大幅に進化したからです。

数年前のキャッシュレス決済というのは、実装店舗が少なかったり、誰でも簡単にできるようなものではなかったりと使いやすさの面で問題が多々ありました。

しかし、現在のキャッシュレス決済では「通帳さえあれば中学生でもキャッシュレス決済ができる」くらい使いやすく、わかりやすいサービスになってきた関係でここまで浸透してきているわけですね。

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の種類を大まかに分けると、以下の三つに分けることができます。

①前払い方式(プリペイド)

②即時払い方式(リアルタイムペイメント)

③後払い方式(ポストペイ)

1つずつ簡単な説明と、代表的なキャッシュレス決済サービスを紹介していきます。

①前払い方式(プリペイド)

最初に前払い方式(プリペイド)の説明からしていきます。

前払い方式のキャッシュレス決済とは、「事前にチャージした金額から支払う」という形で支払うシステムのことです。

事前にチャージした金額以上のものは使うことができないため、「使いすぎて月末に破産」等の、自体に陥る危険性がないのが特徴です。

代表的な前払い方式のサービスは以下の通り。▼

Suica、

WAON、

Edy、

iTunes、

Google Play

etc…

②即時払い方式(リアルタイムペイメント)

リアルタイムペイメントとは、店で支払うとその場でお金が振り落とされる仕組みのキャッシュレス決済のことを指します。

その場で支払われるため、前払い方式と同じで「使いすぎてお金が払えない」という心配がないです。

かつ、リアルタイムペイメントでは自身の銀行口座とカードを連携させ、支払われたら自動で振り落とされるようになっているのでわざわざ自分でチャージをする必要がない、というのも大きな利点の一つです。

ですが、前払い方式、後払い方式と比べると利用可能店舗が若干少なくこれから増えていく過程でもう少し改善されるかな、といった具合になっています。

代表的な即時払い方式のサービスは以下の通り。▼

ゆうちょPay、

デビットカード

etc…

③後払い方式(ポストペイ)

後払い方式(ポストペイ)とは、一か月で使った分のお金を毎月決められた期日に振り落とされるシステムのことです。

クレジットカード支払いがまさにそれですね。

後払い方式(ポストペイ)の強味はその場でお金がなくても支払っておくことができること、チャージをする必要がないことです。

しかし、後払い方式の性質上支払い時はまとまった大きなお金を支払わないといけない場合が多いため、調子に乗ってお金を使いすぎた結果

「払えない…」

なんてことにならないように自分で管理しなければいけません。

かつ、後払い方式(ポストペイ)ではほとんどの場合審査を通してからカード発行、といった手順になっているため全ての人が使えるわけではない、というのも弱みの一つです。

代表的な後払い方式のサービスは以下の通り。▼

ID、

QUIC PAY、

etc…

 

以上3つの支払いシステムについて紹介しました。

上記の文章からは省きましたが、キャッシュレス決済にはもう少し枠組みがあり、それが「接触型」と「非接触型」です。

(ここで簡単にこれら2つについても説明します)

「接触型」…カードをカードリーダーに差し込みカードの情報を読み取り支払う方法

「非接触型」…近距離無線でカードを読み取り支払う

最近CM等でよく目にする、「PayPay」や「LINE Pay」などはほとんどが「非接触型」です。

今後は非接触型が主流になるといわれています。

 

日本が「キャッシュレス化」に遅れている理由

そんなキャッシュレス決済ですが実は日本、かなり遅れています。

下の画像は政府が2018年に発表した「キャッシュレス・ビジョン」内に入っていたグラフですが、ご覧ください。

「日本 キャッシュレス化遅れてる」の画像検索結果

(出典:キャッシュレスビジョン

世界的に見て、今一番キャッシュレス化が進んでいるのは韓国です。

89%もの割合でキャッシュレス決済が行われているわけですね。

次いで、中国、カナダ、イギリス…と続いていくわけですがなんと日本、キャッシュレス決済の割合が「18%」しかないんです。

なぜ日本がキャッシュレス化に遅れているのか、という理由については色々と言われているのですが主な理由として挙げられるのが以下の通りです。

①日本人は現金崇拝主義者が多い

②店側のキャッシュレス導入コストが高い

一つ一つ解説します。

①日本人は現金崇拝主義者が多い

まず第一の理由として、日本は他国と比べて「現金崇拝主義者が多い」というのがあります。

理由としては日本は治安が海外と比べて良いため、偽札などがあまり出回っていなくお金の信頼度が高いためです。

そのため現金離れというのが他国に比べてしにくく、結果キャッシュレス決済が世に出回り始めても変わらず現金での支払いを続ける、というわけですね。

②店側のキャッシュレス導入コストが高い

次に、店側の問題です。

キャッシュレス決済を店に導入するためにはカードの情報を読み取るための特別な機械が必要です。

この機械も決して安価ではなく大手企業ならまだしも、個人商店レベルの店では買うこと自体が大きな負担になります。

よって、利用可能店舗がなかなか増えずキャッシュレス決済自体もあまり伸びないわけですね。

更に詳しく日本がキャッシュレス決済に遅れている理由を解説した記事を書きました。以下のリンクからどうぞ。

【解説】日本のキャッシュレス化が進まない3つの理由!連日テレビ等で放送されている「キャッシュレス決済」ですが、世界中でキャッシュレスの流れが来ている、といってもいいほどホットな話題ですよね...

 

キャッシュレス決済は何がいいのか

ここまで世界中で注目が集まっている「キャッシュレス決済」。

では、なぜここまで注目を集めているのでしょうか。

キャッシュレス決済がここまで注目を集めている理由は以下の4つの理由が関係しています。

①支払いスピードが速い

②キャッシュバック制度でお得になる

③外国人が日本に来た時に楽

④消費税増税でよりお得になった

ここはかなり大事な所なので丁寧に説明していきます。

①支払いスピードが速い

まず第一に、現金払いよりも支払いスピードが速いです。

代金を払うのに丁度いいお金を探して出してお釣りをもらって財布にしまう。

この一連の流れを、「スマホを出してレジの人に見せる」これだけの作業にできるので長い時間で見ればかなりの時間を節約しているといえます。

②キャッシュバック制度でお得に

キャッシュレス決済サービスのアプリだと多くの場合、利用するとお得になるような仕組みになっています。例えば、

「決済時、3%キャッシュバック」

等ですね。

(キャッシュバックの額の多さはPayPayが一番多いです)

買い物をしていくうちに少しずつお金がたまっていくので気づいたらご飯一食分無料になっていた、などなど「塵も積もれば山となる」といった具合で日常的にお得になっていくわけですね。

③外国人が日本に来た時に楽

上で「日本がキャッシュレス化に遅れている」という話をしましたがその中で、

「外国はキャッシュレス化が進んでいる」

という話をしました。

そのため外国人は日本人よりも現金を使わない支払い方法に慣れています。

そんな外国人がキャッシュレス化の進んでいない日本に2020年の東京オリンピックで来てしまうとせっかくの観光客が混乱してしまうと予想されています。

キャッシュレス化が進むことで来年2020年に控えている東京オリンピック時の外国人の満足度が上がるというわけですね。

④消費税増税でよりお得になった

2019年10月1日についに消費税が8%から10%に増税されました。

その中で政府が中小規模の商店の負担を減らす制作として行ったのが、

「キャッシュレス決済で支払うと購入価格の2%か5%の還元」

というものです。

これをうまく利用すれば消費税が上がった分以上の還元率を出すことができるので、増税前よりもお得に買い物をすることができるというわけです。

 

以上が「キャッシュレス決済を使うと起こるいいこと」でしたがいかがだったでしょうか。

(もう少し詳しくメリット、デメリットについて知りたい方は下の記事をどうぞ)

キャッシュレス決済のメリット、デメリット!【使い手視点で送る】近年勢いを増している「キャッシュレス決済」業界。 テレビ等でも連日多数取り上げられ、「キャッシュレス後進国」とまで言われている日本...

 

まとめ

この記事の内容をまとめます。

キャッシュレス決済とは

➡現金ではない電子マネーで支払うこと

キャッシュレス決済の種類

➡①前払い方式(プリペイド)

②即時決済方式(リアルタイムペイメント)

③後払い方式(ポストペイ)

日本が「キャッシュレス化」に遅れている理由

➡①日本人は現金崇拝主義者が多い

②店側も導入コストが高くてなかなか手が出ない

キャッシュレス決済は何がいいのか

➡①支払いスピードが速い

②キャッシュバック制度でお得

③外国人が日本に来た時に楽

④増税時の政策の影響でさらにお得

以上が当記事の内容でした。

この記事があなたのキャッシュレスライフを少しでも豊かにすることをお祈りしています。

【解説】LINE Payとは?【チャージ方法、決済方法、利点】 | キャッシュレスへの道 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です