キャッシュレスライフ

「キャッシュレス生活」何が変わる?現金決済で暮らす生活からの変化

キャッシュレス決済を政府が積極的に進めていく中、いまだにキャッシュレス決済を使ったことが無いという人は、

キャッシュレス決済を使った生活は現金決済の生活と何が違うの?

といった疑問を抱いているのではないでしょうか。

僕自身、約2週間ほど前からキャッシュレス決済を使用し始めたといったところなのですが実際にキャッシュレス決済を使い始める前までは上のような疑問を抱いていました。

ネットではいろんな情報が転がってるけどいまいち自分がキャッシュレス決済を使ってる姿を想像できない…。

そんな気持ちからキャッシュレス生活への一歩を踏み出せない人もかなり多いと思います。

そんなわけで今日は、以下のような内容で記事を書いていきます。

・キャッシュレス生活を始めるとどのように生活が変わるのか

・キャッシュレス生活を始めた時の注意点

キャッシュレス決済の仕組みやどんなメリットがあるのかがわかっていないという人は下の記事を先にご覧ください。

キャッシュレス決済とは?【仕組み、特徴、種類、利点、を徹底解説】世界各国で「キャッシュレス化」が進んでいくなか、日本もキャッシュレス化を進めていますね。 詳しくは2018年5月に政府が発表した「...
キャッシュレス決済のメリット、デメリット!【使い手視点で送る】近年勢いを増している「キャッシュレス決済」業界。 テレビ等でも連日多数取り上げられ、「キャッシュレス後進国」とまで言われている日本...

キャッシュレス生活にしてからの変化

キャッシュレス生活にしてからの変化、ですがこの章では「よかったこと」と「悪かったこと」の2つの項目で解説していきます。

読み終わった後にキャッシュレス生活とは何なのか、というのがしっかりと理解できる記事を目指して執筆するので是非最後までご覧ください。

キャッシュレス生活にしてよかったこと

一番最初にキャッシュレス生活にしてみてよかったことを全て挙げていくと以下の通り。

・支払いが圧倒的にスムーズに

・銀行にわざわざ現金を取りに行かなくてもよくなった

・使った分を見れるように

・町を歩いてるときに視野が広がった

一つ一つ、解説していきます。

支払いが圧倒的にスムーズに

これがキャッシュレス決済の一番のメリットなので当たり前といえば当たり前なのですが、店頭での支払いが圧倒的にスムーズになりました。

僕は主に、PayPayを利用することが多かったのですが、やっぱり支払いはすごい早いです。

アプリを開くとすぐに支払い用のバーコードが表示されるようになっているのですが、店員の方に「PayPayで」というとすぐにバーコードを読み取ってくれて、その瞬間会計終わりです。

わざわざ小銭を出して探してという作業をしなければいけない現金決済とは全く違います。

そしてこれは僕が使う前はわからなかったことなのですが、PayPayを始めとするQRコード決済アプリというのはチャージ型が多いです。なので、

事前にチャージしておかないと使えないのかな?

と思いがちですが、これが全くの間違いで、チャージ自体も慣れれば2,3秒で完了するので残高を気にして買い物ができない、ということもありませんでした。

残高を気にしなくてもいい、というのは僕にとってはかなりうれしい仕組みでしたね。

銀行にわざわざ現金を取りに行かなくてもよくなった

次に、現金決済で生活していた時は当たり前のようにしなければいけなかった

「銀行にお金を取りに行く」

という作業をなくすことができたのがかなり楽でした。

日本は現金を扱うインフラが整っているので割とどこにでもATMがありますし、諸外国と比べるとそこまで不便なものでもないです。

しかし、コンビニATMで振込、出金を行うと手数料が発生したりと積もり積もってかなりの額になってしまったりしますよね。

田舎等、あまりコンビニがないところでは自由に自分のお金が下せないなんてこともあります。

そんな問題がキャッシュレス決済にすることでネットがつながればどこでもお金が下せる状態になったので、かなり便利でした。

使った分を見れるように

QRコード決済サービスの多くは、

「使った分をレポート化」

する機能が付いているため、自分が何日に何円使ったのか、という情報を後から確認できるようになっています。

そのため、現金決済の時にいちいち買い物をするたびに金額をメモっていたという人はわざわざ金額をメモしておく手間が省けるため非常に便利です。

僕の場合は別にメモをしていたわけではないのですが実際に自分がどれくらいお金を使っているのかを具体的に知ることで「これはまずい!」と気づくこともできたのでかなり助かっています。

町を歩いている時に視野が広がった

キャッシュレス決済を使うようになると、キャッシュレス決済導入!という看板等が自然と目に入るようになります。

これはカクテルパーティー効果が関係しているのかなと思いますが、近年世界中でキャッシュレス決済のブームが起きている中で日本がどのようにキャッシュレス化を進めているのか。

こういった情報に敏感になると経済の動きだとかそういう話にもついていけたりするので勉強になる、という意味でもキャッシュレス生活は効果的です。

「カクテルパーティー効果」とは:

カクテルパーティーのようにいろんなところでいろんな話がされている中で自分の名前が出てくる話や自分に関する話だけはなぜか耳に入ってくる現象のことを指す。参考➡

 

ここまででキャッシュレス生活のいいところを解説してきましたが逆に悪いところは何なのでしょうか。

キャッシュレス生活にして悪かったところ

キャッシュレス生活にしてみて悪かったことですが、ズバリ一つしかありません。

それは、

「お金使ってる実感わかないから使いすぎる」

ということです。

僕の実体験も踏まえて解説していきます。

お金使ってる実感が沸かないから使いすぎる

キャッシュレス決済を始めたての人というのはそれまで現金決済で過ごしてきたというのもあって、お財布から現金がなくなって商品を買う、という感覚に慣れています。

実際僕もそうだったので、キャッシュレス決済にした直後は

お金払ってないのに商品買えた!キャッシュレスすげえ!

ってなりました。

ですが実際は銀行口座からチャージした残高から支払われているわけなので、しっかりお金は払っているんですよね。

当たり前ですが。

使ってる人もそれはわかっているはずなのになぜか「お金を使っていない」と錯覚してたくさん使ってしまうのかなと。

それは言い過ぎかもですが、少なくとも支払いがスムーズになりすぎてお金を使うことへの抵抗感が下がることも使いすぎてしまうことの原因なのかなと思います。

とはいえそこまで大きな問題じゃない

と、ここまで聞くと

自分は自己管理が苦手だから多分使いすぎちゃう…。キャッシュレス決済気になるけどやめておこう。

と思ってしまう人がいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

僕自身使いすぎてしまった側の人間なのでアレなのですがこんなことは些細な問題ですよ。

キャッシュレス決済を通して得られるメリットと比べたらこの程度の障害は大したことはありません。

更に、今後世界中でキャッシュレス決済が浸透していっているのも見るに、日本もこれからどんどんキャッシュレス決済が普及していき数年後、数十年後にはキャッシュレス決済が当たり前の世界になっているでしょう。

どうせいつかは使うのならば今のうちにキャッシュレス決済に慣れておいた方がいいです。

なのでこの記事を読んで少しでもキャッシュレス決済が気になった!という人は今日からでもアプリを登録して始めてみるのをお勧めします。

僕がおすすめしているキャッシュレス決済アプリは主に5つあるのですが、それは下の記事で紹介しているので是非そちらを参考にしてください。

キャッシュレス初心者におすすめのPay系サービス5選!キャッシュレス決済の時代が到来する、と言われ始め多くの人がキャッシュレスライフを満喫している今日この頃、この記事を読んでいるあなたもキャ...

まとめ

この記事の内容をまとめると、以下の通り。

キャッシュレス生活に切り替えると、レジでの会計時のスピードが圧倒的にスムーズになり、銀行にわざわざお金を引き出しに行く手間がなくなり、自分が使った分のお金をいつでも見れるようになる。さらに世界中で進んでいるキャッシュレスに触れることで経済に関する勉強にもなる。一つ気を付けないといけないことがあるとすれば現金を使っていないためお金を使いすぎてしまう危険性があるということ。しかしそれ自体も本人の慣れ次第ですぐに解決するため実質、キャッシュレスを使い始めることで起こる障害は一つもない。

この記事を参考に是非あなたもキャッシュレス生活を始めてみてください。

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です